定番ブロアー「UN-1301 ジャンボハリケーン」は本当に良いものなのか?

カメラやレンズの埃飛ばしのみならず、物撮り時の商品に不着する埃を飛ばすにも必須と言えるブロアー。いくつ持っててもいいと思う。
家用とカメラバッグに入れて外で使う用を分けてもいいですよね。
今回は定番品を買ってみました。

これまで使ってきたブロアーに対した不満はなかったが

愛用しているノンブランドのブロアー

これまで使っていたブロアーはどこで買ったか、メーカー名も何も刻印がなくまったく不明な一品。おそらく色んなメーカーのOEM元。しかしコレがまた使い勝手はすこぶる良いのである。軽い力で大風量というブロアーに求める要点を実に熟している。唯一気になる点と言えば表面に埃が付きやすいところ。

まぁ壊れたわけでもなく新しくブロアーを追加する必要もなかったが、しいて言えば部屋の撮影スペースに常備しておくと防湿庫にレンズ類を仕舞う時に手元に無くて微妙に面倒だったくらい。

定番中の定番「ジャンボハリケーン ブロアー」

UN(ユーエヌ)製ジャンボハリケーン ブロアー

「ユーエヌ」の格安ブロアー「ジャンボハリケーン ブロアー」を買ってみた。
前述のように必要になって買ったわけじゃないんだけど、しいて言えばAmazonでカメラ用品を流し見してるとやたらと目に止まるのだ。しかも評判も上々で安い。日本製。

表面はかなり粗い作りでゴム臭が強い

ジャンボハリケーンブロアーの表面はかなり粗い作り

型から取り出したあと表面処理を施していないからだろうか、かなり汚らしい感じとなっている。価格にモロに出ている部分だ。というより低価格化の為にコスト削減しているんだろう。

ブロアーの使用用途から見ためがどうであろうと関係ない。使えればいいのだ。
しかしゴム臭がかなり強い。僕はこういった製品のゴム臭をあまり気にしない寛容なほうだが、ジャンボハリケーンはなかなか気になるくらい強いかった。その内消えてくれるといいな。

柔らかいから押しやすいが風量は並。

ジャンボハリケーン ブロアーの風量は並

評判が良いから期待したんだけど、正直言って風量は強くない。これまで愛用してきた黒いほうと比べると明らかに風量が弱い。それでいて押しやすさも大差がない。大きさが違うので風量が違って当然ですけどね。
同じような力で押して出る風量に差があるわけなので残念です。

単体で見れば決して悪い製品じゃないけど(安いし)、評判の割には「そこまでじゃない」といった感想です。